×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タミヤ DT-02 デザートゲイター
タミヤオフロードファンの期待を一身に背負って登場した本格的2WDオフローダー、DT-02デザートゲイターです。
価格的には格安なシャーシですが、メカレイアウトやサスペンション構造等、他車のハイエンド車と比べても見劣りしないパッケージングを見ると期待が高まります!
(クリックで拡大できる写真有り)

それでは組み立てて見ましょう。
キットをこっそりラジ部屋に運び込み(汗)、いつものごとく夜中12時から作業開始です。
大き目の箱を開けると、それ程は多くない部品点数。
ツーリングカーのギッシリ具合を見慣れた目にはちょっと物足りないかも。
ガンプラより簡単そう(汗)。
このボリュームなら明け方までになんとかなるかな?
気になっていたリアホイールのサイズ。2WDはリアのグリップが命です。
プロライン社製のタイヤが履けるかどうかがレースで使えるかの分かれ道。

それぞれの写真、スリットの無いホイールがアソシB3や京商アルティマエボに使われるホイール。
星型にスリットの入ったホイールがデザートゲイター標準。
外径は微妙に、幅は一回り程小さいようです。でもなんとか許容範囲です(喜)。
レースではプロライン製タイヤが使用できます。
(ただし、ホイールバランスが崩れやすいようなので、ウェイト等によるバランス取りは必須です。

フロントはアソシ等とほぼ同じでまったく問題無し。
嬉しいことにターンバックルは全て調整式です。
ベースとなったスーパーファイターGが固定式だったのに比べれば、格段にセッティングの幅が広がります。
組み立て図には実寸の絵が記載されているので調整が楽です。
もちろんノギスがあればそちらを使用しましょう。
タミヤ伝統のギアデフ。
メンテも楽、場合によってはボールデフよりもクルマの動きが良くなるのでお気に入りのアイテムです。
キット付属のグリスでも良いのですが、お気に入りはハイブリッドのオールレンジバリアー。
このグリスはギア関係の潤滑に驚くほどの効果があります。多少粘度が高いのですが、滑らかな作動が長続きします。タミヤサウンドが静かになるのは残念ですが・・・。
写真のように歯間ブラシで塗ると歯の奥までしっかり塗布できます。
この価格で驚きのフルベア。ミリサイズでスペアが簡単に入手できるのも嬉しいですね。
洗浄して脱脂・・・は行わず、タミヤのFUCHS潤滑オイルスプレーを軽く吹き付けてから使用します。3パック目あたりからベアリングの回転が軽くなり、かつ傷みが少なく長持ちします。

これまたタミヤ伝統のCVAダンパー。
キットには固めの400番オイルが付属しますが、個人的にはもう少し柔らかくしたいところ。200番でも良い位です(このへんは好みもありますが・・・)。
ピストンは樹脂製で、ランナーから切り離すと写真上のようにバリが残ります。
カッターでギリギリをカットしても良いのですが、多少欠けても良いのでバリはキチンと取ってスムーズな動作を目指します。(写真下。)
で、特に注意する事も無くフロントバルク完成。サスピンはネジ式ですが、サスアームは十分スムーズに動きます。
サクサクとリアバルク周りも完成。
スリッパ―は入っていません。ジャンプとかがちょっと不安です。オプションで出るのかな?
それと、見たことの無いような540モーターが付属していました。
最近の付属モーターはこんな風になっているんですね。かなりコストダウンが・・・(汗)。
フロントバルクをシャーシに取り付けます。
そこでちょっと気になった事が。
フルボトムすると、タイロッドエンド部がアッパーデッキに干渉します。
組み立て図ではサーボセイバーの上穴を使う指定になっていますが、下穴を使って解決。
そのままだと下すぎるので、サーボをアッパーデッキギリギリまで上げて搭載。
結構タイトなフロントサーボ周り。コードがキツイです。
オフローダーは振動が多いので、取り回しには十分気をつけてコードが断線しないようにしましょう。

サーボステーはオプションのアルミ製を使用しました。
純正の樹脂製パーツは剛性が低く、オフロード走行にはお勧めできません。
アンテナを反対側にして、受信機とアンプの位置関係を改善。
アンテナホルダーはTA-03の物を使用しています。

ボディはベルクロ止めにして砂の進入を防ぎ、それに伴いボディポストを廃止しています。

走行が重なると緩むサスピンのネジは瞬間接着剤で固定。
もちろんポンダーステーも装着。

気になる走りは・・・
面白〜い!タミグラ目当てだったのでオンロードから始めたのですが、素直に良く走ります。
オフに持ち込んでも、所有しているアルティマエボと比べてもそれほど遜色ありません。
ダンパーのストロークをもう少し取れれば、かなりの戦闘力があると思います。
入門からオープンレースまでこなせる、間違いなくタミヤの傑作機です。